読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放課後カルテ あらすじ ネタバレ 1巻

こんにちは、みいです。

放課後カルテ、保健室にくる子どもの話です。

 

 

ゆきは、いつも保健室で眠っていた。

養護教諭の先生の代わりに医師の牧野が赴任。

「オレの許可なしにベッドで寝るな!」

ゆきは保健室から追い出される。

 

ゆきは頻繁に保健室で眠っており、担任も悩ませる問題児だった。

 

ゆきはどんな時間でも、どんな場所でも眠ってしまうため、クラスメイトからもサボっていると思われ、孤立していた。

 

ゆきは周りからはサボっていると思われている反面、本人は眠りたいと思っていないのに眠ってしまう。

何の前触れもなしに、急に倒れ、眠ってしまう。

そんな自分の意思とは関係なく眠ってしまう自分の体にストレスを感じていた。

 

 

牧野はそんなゆきの姿を見て

ナルコレプシー

という病気を見抜く。

 

ナルコレプシー」とは、

「過眠症」のことであり、どこでも眠ってしまう病気のこと。

 

ゆきの居眠りは病気であることをクラスメイトに話すが、子どもがそんな病気があるなんて信用できるはずがなく

「そんなん、都合良すぎねー?」

と、からかわれるが、そんな子どもをみた牧野は容赦なく叱りつける。

 

 

感想

現実にある話ですよね。

私も、中学時代、ずっと眠っている子がいて、ナルコレプシーだったんだな、と大人になった今、ようやく分かりました。

ゆきもなかなかクラスメイトに分かってもらえず、辛い思いをしてきました。

話の中で、

「知らな間に眠っていて起きたたらみんないなくなってて、私のこと待ってる人なんて誰もいなくて・・・」

小学生には辛すぎる言葉ですよね。

しかし、そんな傷ついているゆきの気持ちをお構いなしにからかうクラスメイト。

容赦なく叱りつける牧野は素晴らしいですね。

ゆきは牧野にあったことで、救われましたね。

 

この他に、ベル麻痺、過食症などの病気の子のお話もあります。

一気に読んじゃいました。

 

私はちらほら聞いたことがある病気が載っていて実際はこんな感じなのかな、という感で読めました。

初めて聞く方でも、わかりやすい感じに書かれています。

 

興味持たれた方はまんが王国からどうぞ。

 

まんが王国はこちらから